なごみごはん

ビビンバ丼お弁当

つくりおき, おべんとう
Print Friendly, PDF & Email

調理時間:30

日持ち:冷蔵庫で3〜4

3種類のナムルと中華風のそぼろをのせた、ビビンバ丼風お弁当のレシピです。常備菜でそぼろとナムルを作っておけば、朝、ご飯を詰めてのせるだけです。お家で食べる時にはビビンバチャーハンなどにアレンジしても美味しいです。
※日持ちは各常備菜の日持ち日数で、お弁当の日持ちではありません。
ビビンバ丼お弁当

材料
①ゆで卵
卵・・・人数分

②中華風そぼろ
合挽き肉・・・200g

<そぼろ調味料>
砂糖・・・大さじ1

しょうゆ・・・大さじ1/2

みりん・・・大さじ1/2

コチュジャン・・・大さじ1

しょうが(すりおろし)・・・ひとかけ

③3種類のナムル
ほうれん草・・・一袋

もやし・・・一袋

にんじん・・・1本

<ナムル調味料>
鶏ガラスープの素・・・小さじ1

しょうゆ・・・大さじ1

ごま油・・・大さじ1/2

白ごま・・・たっぷりと

ささっと作り方

合挽き肉はフライパンでよく炒めて余分な油を吸い取り、そぼろ調味料を入れて味を絡ませます。ナムル用の野菜は茹でてからナムル調味料を入れて和えます。ごはんの上に彩りよくのせて、仕上げにゆで卵を乗せたら完成です。

詳しい作り方

  1. ゆで卵を作ります。卵を冷蔵庫から出してから、お鍋に卵がつかるくらいのお湯を沸かします。沸いたら卵をおたまを使ってそっとお鍋に入れ、中火で10分茹でます。茹で終わったら冷水にとって冷ましておきます。
  2. 中華風そぼろを作ります。フライパンで合挽き肉を炒めます。火が通ったら出てきている余分な油をキッチンペーパーでよく吸い取ります。<そぼろ調味料>を入れてよく炒め合わせ、ひき肉が調味料を吸うまでよく炒めたら火を止めます。
  3. ほうれん草ともやしはよく洗い、それぞれ塩茹でにします。ほうれん草は茎の方からいれて20秒程度茹で、冷水にとって冷やして軽く絞り、3センチ幅に切っておきます。もやしは1分程度茹で、ざるにあけて自然に冷まします。手で触れる温度まで冷めたら、絞って水気を切ります。にんじんは皮を向き3〜4センチに切った後、千切りにします。耐熱容器に入れてラップをし、600wのレンジで2分30秒ほど加熱します。そのままラップを少し外して粗熱をとります。ほうれん草、もやし、にんじんをそれぞれ<ナムル調味料>とよく和えます。
  4. お弁当箱にごはんを平らに詰め、冷めたら中華風そぼろとそれぞれのナムルを順番に彩りよく乗せていきます。仕上げにゆで卵を5〜6等分にスライスして乗せたら完成です。

 

  • 日持ち日数は、ほうれん草ともやしのナムルが3日程度、にんじんのナムルと中華風そぼろは4日程度が目安です。
  • このレシピはご飯にのせる用なので、ナムルは濃いめの味付けになっています。常備菜としてナムルを作る場合は、しょうゆを大さじ1/2に減らすと良いと思います。
  • 辛いのが好きな方は、卵の上に糸唐辛子などを飾ってもいいですね。コチュジャンも足したい方は、具材を載せる前にご飯の上にかけておくと良いと思います。

つくりおき, おべんとう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

同じカテゴリーの記事5件