なごみごはん

ぶりの照り焼き

お魚のおかず
Print Friendly, PDF & Email

調理時間:15

ぶりの切り身で作る、照り焼きのレシピです。濃いめに煮詰めたたれを絡めて食べると、ごはんが進みます。時間もかからず簡単にできる魚料理なので、美味しそうなぶりがお手頃価格で売っているときによく作ります。

ぶりの照り焼き
材料(2人分)
ぶりの切り身・・・2切

塩・・・適量

片栗粉・・・適量

酒・・・大さじ1

★砂糖・・・大さじ1

★しょうゆ・・・大さじ2

★みりん・・・大さじ1

ささっと作り方

ぶりの両面に塩をふり、20分程度置いたあと水でよく洗い、水分をふいて片栗粉をまぶします。中火で片面を焼き裏返し、酒を入れて蓋をして蒸し焼きにします。火が通ったら★の調味料を入れ混ぜ、たれがとろとろに煮詰まったら完成です。

詳しい作り方

  1. ぶりの両面に塩をふり、20分程度おきます。その後、流水でよく洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。
  2. ぶりの両面に薄く片栗粉をまぶし、フライパンに油をひき、中火で片面を焼き目がつくまで焼きます。
  3. 裏返し、酒を入れて弱火にし、蓋をして5分程度焼きます。
  4. 火が通ったら蓋をとり、★の調味料を入れ混ぜ、たれが煮詰まるまで加熱します。崩れないようなら、ぶりを一度ひっくり返したれを絡めます。たれがとろとろになったら完成です。

 

  • ぶりは塩をふって時間をおくことで、臭みが抜けます。
  • もしぶりが崩れそうな場合は、たれは絡めずにお皿に盛り付けてから、ぶりの上にかけると良いです。
  • 調理時間にはぶりをおく時間は入っていません。

お魚のおかず

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です