なごみごはん

かぶ菜としらすの混ぜご飯

つくりおき
Print Friendly, PDF & Email

調理時間:10

日持ち:冷蔵庫で5

余りがちなかぶの葉の部分としらす干しで作る、簡単で美味しい混ぜごはんの素です。ごはんにのっけても、混ぜ込んでも美味しいです。お弁当にも使えます。さっと作れて日持ちも良く、冷凍もできるので、何かと作っておくと重宝する一品です。

かぶ菜としらすの混ぜご飯
材料(保存容器小1個分)
かぶの葉・・・かぶ2つ分

しらす干し・・・50g程度

胡麻油・・・大さじ1

●しょうゆ・・・大さじ2

●みりん・・・大さじ1

●かつおぶし・・・1パック

白ごま・・・大さじ1〜2

ささっと作り方

胡麻油でしらす干しとかぶの葉を炒め、●の調味料を入れて水気が少なくなるまで炒めたら、仕上げに白ごまを入れて完成です。

詳しい作り方

  1. かぶの葉の部分をよく洗い、さっと塩茹でします。(POINT参照)茹でたら冷水にとって水気をよく絞り、細かく刻みます。
  2. フライパンに胡麻油を熱し、しらす干しを炒めます。ある程度カリッとなるまでよく火を通したら、かぶの葉も入れて炒めます。
  3. ●の調味料を入れ、水気が少なくなるまで炒めたら、仕上げに白ごまを入れて炒め合わせ、完成です。
  4. 炊きたてのご飯の上にのせたり、混ぜ込んだりお好みでどうぞ。

 

  • かぶ菜の下ごしらえは、アクを出し、綺麗な緑色にするために、さっと塩茹ですることをおすすめします。時短したい場合は、レンジ可のポリ袋に入れてレンジで1分半程度加熱します。袋のまま手で触れる温度になるまで冷まし、水気を絞って使います。省いて生から刻んで炒めても問題なく食べることはできました。
  • しらす干しを炒める時に、火が強いとぱちぱちはじけて飛ぶので、火加減を調整してよく混ぜながら炒めて下さい。
  • 冷凍することも可能です。冷凍する場合は、ラップ等で小分けにして、形を平らにし、チャック付き袋に入れて保存して下さい。

つくりおき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です