なごみごはん

鶏むね肉の照り煮

お肉のおかず, つくりおき
Print Friendly, PDF & Email

調理時間:25

日持ち:冷蔵庫で3〜4

鶏むね肉で作る、照り煮のレシピです。フライパンひとつでほとんど放置でできる簡単レシピなので、鶏むね肉が安売りしている時によく作ります。出来立てでも冷めてからでも柔らかく美味しいので、お弁当用の作り置きとしても◎。ヘルシーなだけでなく、コスパが良いのも嬉しい一品です。

鶏むね肉の照り煮
材料(鶏むねブロック1枚分)
鶏むね肉ブロック・・・1枚

<下ごしらえ用>
砂糖(小さじ1程度)
塩(ひとつまみ程度)
酒・・・適量

<調理用>
★生姜(すりおろし)・・・ひとかけ

★酒・・・大さじ2

★しょうゆ・・・大さじ2

★みりん・・・大さじ1

★砂糖・・・大さじ1

ささっと作り方

鶏むね肉はフォークで両面数カ所刺し、砂糖・塩・酒をもみこんでおきます。フライパンに少量の油を引き、皮目から中火で焼きます。ひっくり返して弱火にし、★の調味料を全て入れて蓋をして15〜20分、時々ひっくり返しながら煮ます。お肉を取り出し、中火で調味料を煮詰めたら完成です。

詳しい作り方

  1. 鶏むね肉は買ってきたら下ごしらえをしておきます。(時間がない場合は置かずにすぐ調理し始めてOKです)フォークで両面を数カ所刺し、ポリ袋などに入れ、砂糖・塩・酒を少し入れて満遍なくよく揉み込みます。そのまま調理するまで冷蔵庫に入れておきます。
  2. しょうがはすりおろしておきます。(チューブで代用可)
  3. フライパンに少量の油を引き、中火で皮目から焼いていきます。焼き目がついたらひっくり返し、弱火にして★の調味料を全て入れます。軽く混ぜ、蓋をして15〜20分、時々ひっくり返しながら煮ます。
  4. お肉に火が通っていることを確認し、お肉を取り出します。残りの調味料を中火でとろみがつくまで煮詰めたら完成です。

 

  • 硬くなりがちな鶏むね肉ですが、下ごしらえをしてから調理することでしっとり柔らかく仕上がります。私はいつも、安売りの日に買ってきたら、その日のうちにこの下ごしらえを行い、冷蔵庫に入れておきます。消費期限までに使わない場合はこのまま冷凍保存します。

お肉のおかず, つくりおき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です